momo et associés

momo et associés

momo et associésは「モモとその仲間達」という意味です。
momoはミヒャエルエンデの「モモ」と愛犬の「モモ」からつけた名前で、
その日本的なようで異国的でもあるモモという響きがとても気に入ってつけた名前です。
momo et associésは毛房貴子(モフサタカコ)の染色作家としての活動が基礎となっています。
羊毛を染め、それをフェルトに形作っていくのが主な制作の内容です。

羊毛
***************************************************************

concept

羊毛を手にした瞬間に得られるイメージからまず私の作品作りが始まります。
それぞれ微妙に違った表情をもつ羊毛がインスピレーションを与えてくれます。
それは、森や山、水や雲、雨、草花など自然の中から生まれるストーリーで、
時にはそこから音楽に変わり、踊り出したり、膨れ上がったりして
おかしな物語になってしまうこともありますが、
そんな取り留めも無い物語を描いていくことが私の作品作りの主になっています。
momo et associésのフェルトを手にしてくださった方がその物語を傍に置いて下さり、
またその物語を繋いでいってくれたらと、そんな思いでフェルトを生んでいます。

 

工程

Felt

自然から授かった「羊毛」という素晴らしい素材からフェルトは生まれます。
羊毛は水分と熱と圧力によって繊維が絡み合いフェルトになります。
この原始的な作り方によるフェルトの起源は古く
紀元前6千年には人類はフェルトと使っていたと言われています。
そんな大昔の人々の暮らしを想像し羊毛に触れていると
とても神聖な神秘的な気持ちになります。
温かく、強く、そして見ているだけで優しい気持ちになるような
美しい表情がフェルトの一番の魅力と言えるでしょう。
momo et associésは世界中の数ある羊毛の中から選んだ原料をもとに
染色、縮絨、仕上げまで全ての工程を大切に、一つ一つ手仕事で制作しています。
ハンドメイドだから出来る形やデザインにこだわった質の高いフェルト作りを目指しています。

カーダー

***************************************************************

gallery

工房に隣接する小さいギャラリースペースでは、
momo et associésのフェルトや染物の作品と、studio Mofusaの染め物をはじめ、
日本人作家による陶、漆、ガラスなど、色々な素材の手仕事を紹介しています。
また、外国で出会った不思議な物や工芸品、雑器など
季節ごとの品々を展示販売しています。

http://d.hatena.ne.jp/momo-gallery/

営業時間13時〜18時(月、火曜は定休です)

momo